マンションは快適な住居です。

賃貸マンションに住んでいましたが、子どもが生まれたのでもう少し広い賃貸マンションに引っ越すことにしました。引っ越し先は、目と鼻の先で以前住んでいたマンションから建設している風景が見えていました。ですので、今どのくらいまで建っているかよく分かりました。
引っ越し先のマンションは5階建てですがエレベーターが付いているので、赤ちゃんを抱っこしていても不便はありません。エレベーターが付いていなかったらその物件にしていなかったと思います。また、赤ちゃんが居ると夜泣きも気になります。ですので、角部屋を選びました。マンションは防音がしっかりしているため、隣の住人の声も気になりません。また、マンションに住んでいる人は私と同じ子どもがまだ小さい人だったりするので、そういった面でも安心して住むことが出来ます。
赤ちゃんを連れて近くの公園まで散歩に行ったりするときに、お隣さんや同じマンションの住人と挨拶をしたり赤ちゃんの事で少し話をしたりといったことはありますが、それ以外は話をしたりすることもありません。ですので、近所付き合いがないので気を使うことが無くとても楽です。そういった面でもマンションはとても快適な住居だと思います。

私の住む街にもたくさんのマンションが建つようになりました。週末になると新聞に不動産関係のチラシがたくさん入ります。その中でもマンションの宣伝のチラシは華やかで、今の自分には関係ないと思ってもつい見てしまいます。
 数年前まで、マンションで生活をしていました。マンションに住んだことがなかった頃、マンション生活に憧れていました。おしゃれな感じのマンションが多かったですし、高いところに住んで景色を眺めてみたかったからです。運よく10階のマンションに住むことになった時は大変嬉しかったです。高層マンションとは言えませんが10階からの眺めは、はるかかなたに海が見えたり、夕日の沈む時がとてもきれいだったりと自分としては満足のいくものでした。
 そんなマンションの生活ですが、少し不便だなと思うことがありました。それは移動です。たくさんの買い物をした時、重い荷物を持って駐車場からエレベーターで10階まで行き、そこから玄関までまた少し歩かなくてはいけませんでした。最近はネットスーパーが充実していますので、それを利用すれば気にならないかもしれませんが。それから、体調が悪く病院に行かなければならなかった時の移動は辛かったです。今の自宅は玄関のすぐ横に駐車場があります。車を出てすぐに家に入ることができるのは、何とも楽だなと思います。
 それから、小さいお子さんのいるご家庭はお付き合いが大変な面があるかもしません。お友達ができてお互い同じマンションを行ったり来たり出来るので防犯の面では安全なのですが、その分、関わりが濃くなります。家族ぐるみでうまくお付き合いできればとても良いのですが、あまりに密接になりすぎて、中にはうまくいかなくなることもあるようです。また、マンションは防音にはなっているのですが、小さいお子さんがバタバタ走りまわったりすると、階下の部屋に響いて迷惑をかけてしまうことがあります。
 参考になるかどうかわかりませんが、マンションに住んでみて感じたことを書かせていただきました。

一押しリンク

不動産担保融資なら:リュウプランニング
看板のことなら:美さいん
ダイニングテーブルを通販で買うなら:エンジョイホーム
日本ソフトウェアデザイン
けん引車の合宿免許なら:免許Z

サブコンテンツ